SC-152
3:20 午後 - 3:50 午後
物流DXに向けて、一気通貫の業務プロセスを実現するSAPソリューション

激変する環境変化や人材不足に対応するには、日々繰り返し行う作業を自動化する等の効率化が不可欠です。
各業務間で生まれる情報を、つながりを保ち一気通貫で管理することで、自動化等の効率化が可能となります。
ここで情報のデジタル化を実現することは、自動化機器などの最新技術の有効活用にもつながります。
さらに現場物流業務の情報と経営情報を連携することにより、サプライチェーンの効率化が可能となります。
これら物流DXに不可欠な要素をどのようにSAPソリューションが実現するか、こちらのセッションでご説明します。